加茂神社(青土)

室町後期、京都の加茂から飯塚安斎入道という人がこの地に来て村を開き、村の守護神として祀ったのがはじまりと伝えられています。本殿は、大永6年(1526年)に建てられ一間社流造、古式の建築意匠に富む優れた技法を見ることができます。大永6年の陳札が残されており、「頓宮村之内青土村」と記されています。本殿は国指定重要文化財です。